バイアグラ効果

バイアグラ効果・副作用・使用方法を詳しく解説/初めての方必見

バイアグラの歴史

バイアグラの成分シルデナフィルは1900年代に狭心症の薬として開発されていました。

 

大規模な臨床試験を繰り返したのですが、狭心症の薬としても効果は期待するほどではなく、試験は中止となったのですが被験者が薬を返還したがらないので、不思議に思った製薬会社が被験者に問い詰めたところ、発起効果のある事がわかり、1998年にアメリカから世界で初めてのED治療薬として発売になりました。

 

当初は「夢の薬」と言われ大騒ぎになりました。

 

日本でも個人輸入を通して、アメリカからバイアグラを購入する人が増え、その中にはバイアグラとの併用が禁止されているニトロを治療で使用している患者などがおり、死亡事故なども起こって、このままではいけないと政府も考え、異例の早さでバイアグラを承認して、1999年に医師の管理下で処方による薬として発売が開始されました。

 

バイアグラに関しては、事故が起きた事もあり日本での当時医薬品の承認ペースを考えると、かなり強引な承認となり各地から批判の声があがりました。

 

特い反対の多かった事項としては、性の乱れなどを指摘する団体が多く、その影響なのかどうかは分かりませんが、今でも日本で承認されているバイアグラは、25mgと50mgのみで、100mgに関しては今日でも海外から個人輸入するしかない状態です。

 

その後発売されているレビトラ、シアリス、などの20mgに関しては、バイアグラの100mgに相当する効果がある事もあり、バイアグラで同じ効果を得るためには100mgを海外で買うか、日本で医者に50mgを2錠出してもらうかのどちらかの選択になり、コストを考えると、医者でのバイアグラの処方はかなり高くつく事もあり、バイアグラに関しては、早い時期から個人輸入が進んでいました。

 

最近発売されたアバナフィルの200mgは日本ではまだ承認されていませんが、バイアグラの100mgよりも効果が高いと言われています。また阿部政権でも薬のネット販売を奨励する声が上がっていることを背景に、最近はクスリの個人輸入が増大しているようです。

 

バイアグラの発売当時は、飲んではいけない人がバイアグラを飲んで事故を起こしたこともあり、危ない薬として見られる傾向になったのでが、日本で承認され医者の処方の下で管理されるようになってから、バイアグラに対しての正しい知識も周知されるようになり、その後は目立った事故もなく10年以上経った今では安全な薬として受け入れられるようになってきています。

 

>>>バイアグラ・バイアグラジェネリックを見てみる

バイアグラの作用と副作用

 

バイアグラは、偶然狭心症の薬の開発のおかげで見つかったED治療薬ですので、最初の薬と言う事もあり副作用に関しては手探りな状態で進んで行きました。

 

最初に大きな副作用として、心臓病でニトロなとの硝酸剤を使用している人がバイアグラを飲むと、極端な低血圧になり体の細部に血液が届かな状態に陥り命の危険がある事は分かり、その後はどのED治療薬についても、ニトロを使用している人は飲んではいけない事になりました。

 

同時に、バイアグラを服用中に狭心症の発作を起こした場合には、応急処置のニトロが、帰って命を危ない状態に持っていくこともあり、バイアグラを使用している人は、パートナーにも万が一の事を考えて、自分がバイアグラを使用している事を伝えるように指導が始まりました。

 

今でも大きな副作用として、ニトロとの併用に関して、大きく警告が出されています。

 

バイアグラが、勃起をさせる仕組みは、海綿体に血液を送るのを阻害しているPDE-5酵素の働きを抑制して、海綿体に十分な血液を送る事で勃起をする仕組みになっています。

 

ですが、バイアグラには性欲を上げる効果はなく、あくまでも視覚的又は感覚的に性的な刺激があった時にのみ反応しますので、バイアグラを飲んでも何も性的刺激がありませんと、何も起こりません。

 

バイアグラは狭心症の薬として開発されその主な体に対する作用は、血管拡張機能になります。海綿体への血液の流入もこの作用の一部として行われています。

 

ハイアグラを服用した時に、この血管拡張作用は、海綿体にだけ起きるのではなく当然体全体に効果を及ぼします。

 

特に皮膚の表面に毛細血管が多い部分ではそれが副作用となって表れてきます。もっとも一般的なものに「顔の火照り」があります。顔は普段でも恥ずかしい事などあるとすぐに血管が拡張して赤のなるのと同じで、バイアグラを服用しますとが赤くなります。

 

また鼻の中も毛細血管の剥き出しにあっていますので、拡張しますと「鼻づまり」になってしまいます。

 

体全体でも各血管が拡張しますので、「何となく体全体が暑くなる」感覚も出てきます。

 

これらの副作用はだれにでも起き、血管拡張作用のある薬バイアグラが正常に働いている証拠でもあります。

 

正確に言いますと、副作用とは言えずどちらかと言いますと正常に作用している状態であると考えて下さい。もちろん個人差がありますので、これらの副作用の出方は個人によってだいぶ差がありますが心配は全くいりません。

 

視神経の血管に作用して、「物が青みがかって見える」症状がありますが、これも暫くの間ですぐに消えてしまいますので心配はいりません。

 

副作用で厄介なものは、「頭痛」です。

 

軽い頭痛でしたらいいのですが、重い頭痛になりますともうセックスどころではなくなります。鎮痛解熱剤を同時に服用してこれらの症状を抑えると言う方法もありますが、薬の上にまた薬の飲むのは決して体に良い事ではありません。

 

頭痛がひどい場合には、バイアグラの量を減らすか、違う薬に変更をしましょう。

 

また「動悸」などの症状が出る方も少ない確率でいます。動悸に関しては薬に慣れてきますと津城は収まりますので心配はいりませんが、動悸が酷くなって不整脈が出るようでしたら服用を中止して、医者に相談をしてみましょう。

 

>>>バイアグラ・バイアグラジェネリックを見てみる

 

バイアグラのジェネリック

 

バイアグラジェネリックカマグラ

 

バイアグラは、発売されてから10年以上が経っており愛好家も多く売上も順調にきているようですが、バイアグラの売上のジェネリックの占める割合が最近ではかなり大きくなってきているようです。

 

バイアグラができた当初から、インドではバイアグラのジェネリックが発売されていましたが、その時代にはまだジェエリックはどこか効き目が本物と違うと言う印象を持った人が多く、ジェネリックの事をゾロなどと呼んで、後からゾロゾロ出てくるから来ているようです。

 

ですので、医者の間でもゾロの存在は知っていても疑心暗鬼のところもあり、使用される事が多くありませんでした。

 

ですが、ここ数年の間にジェネリックに対する意識の変化があり、ゾロからジェネリックと言う呼び方に変わり、医薬分業などの変化もあり、ジェネリック医薬品を積極的に使用するようになりました。

 

そのような背景の中で、バイアグラのジェネリックを使用する人が増え、長い間の使用でその安全性も明らかになってきました。

 

通常日本で流通しているジェネリックは、先発品の特許が切れてジェネリックの販売が可能になってから合法的に作られたものをさしていますが、バイアグラのジェネリックに関してはまだ特許が切れていませんので、通常ですとジェネリックは存在しないはずなのですが、現実には存在しています。

 

インド

多くのまだ特許が切れていない新薬がインドからすぐにジェネリックとして販売されます。

 

これは、インドでの特許に関する考え方が他国と違い、合法的に出てきたばかりの新薬のジェネリックを作れるために起こっています。
またこれらのインドから発売されるジェネリックは、アフリカなどの発展途上国にとっては必需品で、インドのジェネリック無しでは、医薬品の調達ができないほどになっています。

 

インドの医薬品に対する特許の考え方に関しては下記のサイトに詳しく説明されていますので参考にしてください。

 

インドの薬特許に関する考え方

 

インドの医薬品の製造能力は非常に高く、世界的に見ても高品質の薬を製造する事ができます。

 

そんな中で、バイアグラのジェネリックも多数発売され、多くの人がその恩恵を受けています。

 

通常ですと50mgのバイアグラ1錠が医者では、1500円〜1800円程しますが、バイアグラのジェネリックですと、カマグラで50mgを1錠100円以下で購入することができます。※100mgを購入してピルカッターで半分にする。

 

1錠1500円と100円以下では、誰が考えてもバイアグラのジェネリックを使用するようになってしまうのは自然の流れです。

 

ですが、ED治療薬のジェネリックには注意が必用で、偽物のバイアグラを作って本物といい販売している業者が多く存在しています。

 

偽物のバイアグラを販売している業者は、次々とショップを作っては売りさばいてはショップを閉めるの繰り返しをしており、なかなかその存在が減る傾向にありません。

 

ですので、安いからと簡単にネットからバイアグラのジェネリックを買う事は危険ですので、絶対に止めて下さい。

 

当サイトでは、間違いなく本物を販売している業者をご紹介していますので、必ずそちらからのご購入をおすすめします。

 

>>>バイアグラ・バイアグラジェネリックを見てみる

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ